薬剤師の給与

施設区分別・年収の傾向

転職において、気になるポイントの一つに「給与」があると思います。各施設区分ごとの給与についてご紹介します。
調剤薬局

調剤薬局は、薬学部6年制への移行の影響、薬学部卒業生減、薬剤師国家試験合格率の減少、ドラッグストアの積極採用の背景から、求人数も多く、数年前に比べても給与水準が高騰してきているようです。

病院

病院や公立病院は公務員の給与に準じます。民間病院に関しても薬剤師の配置基準があり、その基準で得られる収入次第ですが、調剤薬局と違って、主な収入源が処方箋調剤だけではないので給与基準の決まり方は調剤薬局よりも多岐に渡り、病院毎に異なります。

ドラッグストア

ドラッグストアの場合、新卒初年度の年収が600万円というところもあるようです。ドラッグストアに関しても、処方箋調剤以外の収入があるので多少高く給与を設定するところもあるようです。

ただし、年収や待遇面に関しては、詳細についてを確認したり、応募先に直接交渉することはなかなか難しいことです。勤務エリアの平均年収や、ご自身の適正年収についての情報収集や、転職先との年収交渉は、転職支援会社のコンサルタントにお任せすると良いでしょう。転職市場では公にされていない高年収の求人情報を得ることもできます。



求められる薬剤師になるために

高年収や高待遇な条件を求めるためには、まずは、ご自身が市場価値の高い薬剤師でいることが大切です。診療報酬の仕組み上、大幅な給与調整ができなくとも、優秀な薬剤師には、良い条件で、勤務を長く続けて欲しいと雇用元は考えています。

それでは、優秀な薬剤師に必要なスキルとはなんなのでしょうか?それは、薬の専門家としての専門知識とそれを患者さんに合わせてわかりやすく伝えるコミュニケーション能力です。

下記のチェック項目で確認してみましょう。

  • 患者さんが服用している薬剤全ての相互作用・禁忌を完全にチェックできる (薬剤に加え、サプリメントやメディカルハーブなどとの相互作用や禁忌についても理解している必要があります)
  • 薬歴はSOAP形式で記載し、他の薬剤師が見ても患者さんの状態がしっかり分かるように書くことができる
  • 患者さんの服薬アドヒアランスの向上に貢献することができる
  • 患者さんに応じて専門用語を使わずに、わかりやすい服薬指導ができる
  • 患者さんの生活習慣をヒアリングし、生活パターンに応じて服薬指導内容を変えることができる

一概に年収だけや待遇面だけでキャリアは計りきれませんが、患者さんを正しく理解するために、薬理学や疾患、疾患についての深い専門知識を持ち、いわゆる“ファーマシューティカルケア”を実践できる薬剤師を目指すことが、年収や待遇の向上に繋がるでしょう。

ページの
上部へ

ページの
上部へ