薬剤師転職支援会社の使い方・選び方

転職支援会社とは

厚生労働大臣の許可を受けた、民間の職業紹介業のことを指します。

転職を希望する人と採用を考えている企業の間に入り、中立的な立場から双方の転職・採用支援を行います。具体的には、企業から依頼を受けた求人を、予め登録をしている転職希望者に紹介し、転職支援を行います。

利用するメリット

転職支援会社には「キャリアコンサルタント」が在籍し、適性や志向、経験に応じた求人の紹介だけではなく、転職活動を進める上での包括的なサポートを受けられます。転職支援会社は、企業から直接依頼を受けているので求人内容に詳しく、1人で転職活動をしていたら知ることのできない、詳細な情報を知ることができます。また、履歴書の書き方や面接対策指導、転職スケジュールの組み方など、面談から入社まで幅広いサービスを無料で受けることができます。

自分にあった薬剤師転職会社の選び方

数多くの薬剤師転職支援会社の中から、どうやって自分に合った会社を選べば良いのでしょうか?会社プロフィールだけでは判断できませんし、会社の大小でも判断できません。あなたの転職をサポートしてくれるのは会社ではなく、その会社の「キャリアコンサルタント」です。ですから、数多くのキャリアコンサルタントと会って判断するのが良いのですが、時間も取られてしまい、現実的ではありません。ですので、まずは興味ある求人に問い合わせをしてみて、キャリアコンサルタントからの連絡をお待ちください。

メールや電話のやり取りを通じて、自分と相性が合うかどうかを確かめてみましょう。キャリアコンサルタントはみなプロなので、サービスの質には違いはないはずですが、自分との相性があると思いますので、2~3社問い合わせをしてみて自分にあった会社を見つけてください。複数登録するのは違法でもなんでもありません。

転職支援会社を利用して転職活動を進める上の注意点
(内定が複数出た場合)

複数の転職支援会社に登録して面接を進めていると、複数内定が出ることはよく起こります。

内定を辞退する場合、内定先企業や薬局の紹介を受けた転職支援会社に対し、あらかじめ、他にも面接予定があることや書類選考が進んでいることを、きちんと話をしていれば大丈夫です。

また、他に選考が進んでなくても内定先に就職する気がない場合、理由を伝えて内定を辞退することも問題ありません。その際は、内定を辞退する理由をきちんと伝えましょう。次に就職先を紹介してもらう上で重要です。

日経DIキャリアを通じて、あなたに合った転職支援会社、キャリアコンサルタントを是非探してみて下さい!

ページの
上部へ